よくあるご質問

デュエットリゾート那須のリビング
デュエットリゾート那須のリビング

コテージの宿泊に関する注意事項や規約は施設によって様々です。予約時によく確認をして下さい。
ここでは、コテージの宿泊が初めての方、初心者の方向けに一般的な注意事項をよくある質問集としてまとめていきます。

ペット連れの宿泊は可能ですか?

「ペット同伴可」と明記されている施設のみ可能です。
その場合でも、予約時にペット同伴であることを必ずお伝えください。ペット同伴可であっても、無断での同伴はNGです。

また、「ペット同伴可」とあっても、館内は不可としている施設も一部あるようです。大型犬など犬種によって受け入れ不可の場合もあります。予約前によく確認しておきましょう。

当然のことながら、ペット同伴でない施設に無断で持ち込むのは、厳禁です。貸切りだからといって、まれに許可なく持ち込む方がいるようですが、絶対にそのようなことはされないようにしてください。 「ペットは車内に置いておくので」という場合も、厳禁です。十分ご注意ください。

予約に関するよくあるご質問

定員を超えての利用は可能ですか?

予約時の定員に対して、変更が発生した場合は、施設に連絡を入れることが必要です。特に、貸別荘の場合は、直前の人数変更はよくあることです。増減に関わらず、施設に連絡を入れて下さい。

まれにですが、人数が増えてしまったにも関わらず、連絡なしで宿泊してしまう方がいるのも事実です。このようなことは絶対にされないようにして下さい。これは法的な問題でもあります。せっかくのご旅行が台無しになってしまわないように、予めご理解のほど、宜しくお願い致します。

日帰りでの利用は可能ですか?BBQだけ利用は可能ですか?

日帰り利用の設定をしている貸別荘は、あまりありません。
また、BBQだけを利用したいというご要望もまれにありますが、それに対応している施設も少ないようです。

もし、対応している施設があれば、ここでご紹介したいと思います。

支払い方法について教えて下さい。

支払い方法は、施設によってまちまちです。

事前に全額入金が必要な場合、一部前金を振り込む場合、現地で全額支払いの場合など様々です。

クレジットカードについては、不可の施設が多いと思います。

詳細については、予約時に、施設へご確認をお願いいたします。

滞在中に関するよくあるご質問

備品・設備を壊してしまった場合はどうなりますか?

滞在中に、備品・設備を壊してしまった場合、ご不安になることでしょう。しかしながら、そのまま黙ってチェックアウトするようなことはないようにお願い致します。

次に宿泊されるお客様への対応が間に合わない場合があります。必ず、施設に連絡を入れて下さい。

破損に対する補償は、やはり施設によって請求される場合がありますが、実際に破損をさせてしまった以上、実費に対して補償は応じて頂く必要はあるかと思います。これは、貸別荘に関わらず、一般的なホテルであっても同様の対応になると思います。

貸別荘の場合は、特に宴会などができますので、お酒が入ったことが原因で、思わぬトラブルになるケースがあるようです。もし、宴会などお酒の入る場を設ける場合は、その点について、宿泊者みなさんがご注意頂く方が宜しいかと思います。

チェックアウト時の清掃はどうすれば良いですか?

基本的には、チェックインと同じ状態にして下さい。
食器や調理器具、備品は元にあった場所に戻して下さい。お布団を利用された場合、また、ゴミについては、それぞれどのようにすれば良いか指示がありますので、それに従った対処をして下さい。

掃除機などはする必要はありません。あくまで、基本的な片付けをして頂ければ大丈夫です。

バーベキューはできますか?

ほとんどのコテージには、BBQ設備が用意されています。
コテージのキッチンを使って、下準備ができますので、気軽にBBQを楽しむことができます。実際、コテージ泊の大半の方が、BBQをされているようです。

BBQ設備の利用費は、別途費用がかかる場合、宿泊費に含まれている場合、施設によって異なります。

お客様の方で、準備が必要なのは、食材と木炭です。まれにガスを使ったBBQ設備のところもありますが、多くのコテージでは、木炭と網を使ったBBQが多いです。

チェックイン前に、近くのスーパーで食材、木炭を購入して持参して下さい。また、木炭に火を付きやすくするために着火剤もセットで購入されることをおすすめします。

BBQ道具の持ち込み利用はできますか?

ほとんどのコテージでは、ご自身のBBQ道具の持ち込みは禁止されています。

花火はできますか?

夜に花火をされたいというご要望も多いようですが、多くのコテージでは、花火が禁止されています。コテージは、自然の中に立地していることが多く、主に、火災対策のためとなります。実際に、花火が原因でボヤが発生したケースが過去にあります。

ただし、一部コテージでは「花火可」としているところがあります。
花火をされたい場合、花火可のコテージをご利用ください。その場合、所定の場所で行って下さい。また、手持ち花火のみ可としているところも多いです。注意事項をご確認のうえ、お楽しみください。